2019年10月『ゆらゆらおばけ』ワークショップ

ミナシアワークショップ2019年10月

『ゆらゆらおばけ』ワークショップ

日時
①R1年10月8日(火)
②R1年10月15日(火)
時間
①11:15〜挨拶(丸く円になって活動)
②14:45〜 挨拶(丸く円になって活動)
時間
11:20〜 作り方の説明
14:50〜 作り方の説明
☆子どもが頑張るところ
(1)自分で塗って、手形を押そう
(2)のりを使って貼ろう

用意するもの
・おばけの型 ・各パーツ(目・口・帽子) ・キットパス ・霧吹き ・のり ・はさみ ・タコ糸 ・手作り棒 ・ハロウィンシール

作り方就園児ver.(未就園児は①②の工程なし)

  • ①キットパスを手に塗る 又はスタンプ台
  • ②霧吹きをかけて手形を画用紙に押す
  • ③押した手形を新聞紙で抑えて手の形に切る
  • ④各パーツにのりをつけて好きな場所に貼る
  • ⑤帽子に好きなシールを貼る
  • ⑥手形も好きな場所にのりで貼る
  • ⑦おばけにタコ糸をくっつけてできあがり☆
改善点・子どもの様子

11月8日(火)(未就園児)
・参加は、Aちゃん、Bくん、Cくんの3人だったが、BくんとCくんは初参加だった。

・Cくんは、作るものには興味があったが初めて友だちとのワークショップだったので、テンションもあがっていた。のりづけの場面や、シールを貼る場面では座って落ち着いて活動できていたが、その他の場面では、騒いでしまう場面もあった。

・Bくんは、部屋に入り読みたい絵本を友だちにとられてしまい、泣き出し機嫌を損ねてしまった。活動に関しては、シールを貼ることはよくできていた。また、クレヨンで絵を描くことが好きなようで、別に紙を渡して絵を描くことを楽しむ様子があった。

・Aちゃんは、何回もワークショップに来てくれているので、落ち着いて参加できていた。
終盤には、友だちが騒いでしまい、つられてしまう場面も見られた。

・全体的に今日の活動は、バタバタしてしまっていた。初参加の子を考慮に入れて、活動の内容も考えていく必要があると感じた。

・手形のスタンプをするのに、自分の手にキットパスを塗って色をつけようと考えていたが、今日の子どもたちの様子では少し難しかった。

・初参加の子にとっては、作業工程がたくさんあったので、もっと減らしてもよかった。

10月15日(火)(就園児)

・Aくんは、初参加だったが落ち着いて活動に取り組み、集中して作品を作っていた。

・Bちゃん、Cくんは常連なので、落ち着いて参加できていた。
・Cくんは、手にキットパスを塗ることを嫌がるかと思ったが、躊躇することなく塗ることができた。また、のりを使う場面でも今まではスティックのりを使っていたが、指にのりをつけて塗れていた。

・今日の3人とも、のりが上手に使えていた。Cくんは少し分量などの調節がまだできていないようだった。